冬にも紫外線対策を!

2017.12.18

みなさん、冬も紫外線対策をしていますか?
冬は紫外線の量が少なくなる季節ですが、夏に比べて日焼け対策の意識が下がってしまったり、乾燥による皮膚のバリア機能の低下などで、夏よりも紫外線のダメージを受けやすくなっていることがあります。

紫外線にはふたつの種類があります。
☆UVB派
肌表面にダメージを与え肌が赤くなる炎症(日焼け)シミ皮膚がんなどの原因となります。
☆UVA派
肌表面のバリア機能を通り抜けて真皮に達するため、肌の弾力低下シワなど、肌の老化を引き起こす原因となります。
UVA波の照射量が一番多いのは5月ですが、12月でも5月の半分程度の照射量といわれております。
波長が長くガラスや窓などを通過しやすいため、屋内でも浴びてしまう可能性があります。

そのため、季節関係なく紫外線対策は必要です!

 

そこで冬の紫外線対策のポイントをお伝えします!

☆毎日の保湿ケアを!
冬は肌が乾燥しやすい季節です。肌が乾燥すると、バリア機能が低下して紫外線のダメージを受けやすくなります。毎日の保湿ケアをしっかりと行いましょう。

☆露出する部分には日焼け止めを!
冬でも顔や腕には日焼け止めを塗るようにしましょう。夏に比べて紫外線量自体は少なくなるので、日常生活においてはそれほど強力なものを使用する必要はありません。

☆アウトドア時は真夏同様の対策を!
雪が積もった場所では、日差しだけでなく、反射による紫外線が多くなります。ウインタースポーツなどを楽しむ場合は、夏と同様にSPF値やPA値が高い日焼け止めを使用しましょう。

当院でも、敏感肌の方も使用できる日焼け止めクリームのサンプル等もご用意しております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね!