夏に増える汗疱・異汗性湿疹について

2020.07.20

7月も終わりに近づいてきましたが、まだまだ不安定なお天気が続きますね⛅
寒暖差もあり夏風邪をひきやすい時期ですので、体調管理に気を付けましょう😄
さて、本日は夏に多い「汗疱(かんぽう)、異汗性湿疹」についてご紹介致します。

🌸症状
漢方は手のひらや足の裏などに小さな水ぶくれができたり、ふやけて皮がめくれたりします。
次第に湿疹化して、痒みや痛みが伴う場合もあります。
汗を掻くことで悪くなりやすく、夏や季節の変わり目に症状が出やすいのが特徴です。

 

🌸原因
皮膚の表面に出るべき汗がうまく出られず、皮膚の中に貯まってしまうことが原因の一つと考えられています。
その他にも多汗症金属アレルギーアトピー体質などが関係していると言われています。
しかし、未だに詳しい原因は分かっていません

🌸治療
痒みなどの症状が強い場合はステロイドの塗り薬痒み止めの飲み薬などが処方されます。
症状が軽度な場合は保湿剤や尿素が入った塗り薬などが処方されます。
白癬(水虫)と症状が似ている為、顕微鏡検査で鑑別が必要な場合があります。

🌟症状が悪化してくると治りにくくなるため、気になるご症状があればお早めに相談くださいね😄