口唇ヘルペスについて

2018.01.15

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで発症します。

☆症状
唇やその周りにピリピリするような違和感やかゆみが生じ、痛みを伴う水ぶくれができます。
初めて症状が出るときは、水ぶくれがたくさんできることがありますが、再発の際には水ぶくれは減り、症状の現れる範囲も狭くなります。

☆感染経路
症状がある方の水ぶくれや唾液などに接触することで感染します。
疲労、ストレス、発熱、強い紫外線などの刺激によって免疫力が低下してしまうと、ウイルスが活動を始め、症状が現れます。

☆治療方法
治療には、ウイルスの増殖を抑える飲み薬や塗り薬を使用します。
このお薬はウイルスが増殖している時に効果を発揮するため、できるだけ早く使い始めることが重要です。

☆気をつけたいこと
○他の方にうつさないために…
水ぶくれやかさぶたにはなるべく触れないようにしましょう。
触れた場合は、石けんを使ってきれいに手を洗いましょう。
タオルやコップを共用するのは避けましょう。
・症状が出ているときも石けんなどをよく泡立ててやさしく洗い、患部の清潔を保ちましょう。
※特に赤ちゃんは感染すると重症化するおそれがあるので、接触にはより一層の注意が必要です。

○日常生活では…
一度感染するとウイルスが生涯にわたって神経に潜伏するため、免疫を下げないことが大切です。
バランスの取れた食事十分な睡眠そして適度な運動をすることで、疲労やストレスを溜めない生活を心がけましょう。

同症状が性器の周りやお尻に現れる、性器ヘルペスという病気もございます。
気になるご症状があればお気軽にご相談ください。

ヘルペス フリー素材 に対する画像結果