日焼けについて

2017.08.22

お盆が過ぎ、お祭りやバーベキュー・野外ライブなどで長時間外にいて日焼けすることが増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな中で気になるのが、紫外線による日焼けです。

日焼けの症状には「サンタン」と「サンバーン」の2種類あります。
サンタンは紫外線を浴びてから3~8日後に皮膚が浅黒く変色した状態で痛みがほとんどない日焼けです。
サンバーンは「日光皮膚炎」とも言われ、紫外線を浴びて2~6時間後経過すると皮膚が赤くなり、その後痛みが現れる日焼けです。肌の弱い人や色白の人に多く見られます。
日焼けは将来的にシミやしわ、皮膚がんの原因にもなります。しっかり紫外線対策をして外出しましょう。

☆日焼けをした時の対処法
赤くヒリヒリしている場合は、早めに冷やすことが効果的です。
・冷たい水で濡らしたタオルや、保冷剤にタオルを巻いて冷やす。
・水のシャワーを浴びることで、ほてりを落ち着かせる。
・充分に冷やした後は保湿する。
間違っても温めないようにしましょう。

痛みやかゆみが引かない場合は、早めに病院を受診しましょう。